畑のようす

スイスチャード の種

スイスチャード の株が高く伸びて、花が咲いたところまでは以前にお伝えしましたが

 

その後、日数をかけて徐々に全体が枯れていき

それと並行して種が少しずつ充実してできあがりました。

 

 

 

 

 

 

強風にあおられたりして、最後は斜めに倒れかけ

支え用に張った紐に、折れ寄りかかるような形でした。

 

 

 

たくさん咲いた小さな花が、それぞれに種となって茎に付いています。

 

 

 

 

 

 

種がこのくらい茶褐色になると、ちょっと触るだけでポロポロッと取れて落ちます。

 

落ちると土色と同化してよく分からなくなってしまうので

そ〜っと茎ごと切って丈夫な袋に入れ、更にしっかり乾燥させることにしました。

 

 

スイスチャードは、近くにある他の株からの花粉で受粉をするため

風向きや天気(雨)などの影響でか⁈  種がほとんど実らなかった場所もありました。

 

 

湿度の高い日が続く中でとれた今回の種は、はたしてどのくらいの割合で発芽するかわかりません。

 

ですが、こうして種まき〜種採りまでの一連の流れを見られたことは

とても貴重な体験だったと思います!

 

 

スイスチャード の種は一説に、10年も寿命があると言われていたりするので

温度と湿度に気をつけて保存して、折を見てまた蒔いてみようと考えています(・ー・)ノ

 

 

 

 

藤沢市内、ぬくもり畑より。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-畑のようす

Copyright© ぬくもり畑 , 2020 All Rights Reserved.